経産婦 体験談

旦那がなかなかお腹の子供に関心を持ってくれなかったハナシ

これは私の妊活からの実話です。

 

私の旦那さんはバツイチで、息子がいたのです。なので、どうしても私は男の子ではなく女の子を希望してました。男の子なら息子と比べちゃうんぢゃないかなと思ったからです。

 

でも1人目を産み分けしたいとは、言えなくてネットで毎日のように検索し女の子が生まれる為にはどうしたらいいのか、何を食べたらいいのか、いつ営みをすればいいのかなど調べてました。でもネット上は賛否両論です。何が本当なのかもわからなかったのでとりあえず分かったことは、排卵日2日前、そしてパッと終わらす事だったので、旦那さんにはバレないように毎朝OMRONの基礎体温を測り排卵日を調べて排卵日二日前に営みました。そしてお腹が痛くなってきたから、ごめんね、早く終わりたいかも、、ってパッと終わらす事ができました。そしたらそれが的中し、見事妊活2ヶ月目ににて女の子を授かる事ができました。

 

悪阻が始まり、想像とはかけ離れた辛い毎日が始まりました。車酔いをしてる感じです。テレビをみていても、お買い物していても、寝ていても、ずっと車酔いしている感じです。旦那さんにはこの辛さは分からないみたいです。 だからしんどいだったら寝といたら?といいます。何言ってるの?寝てても治らんからしんどいねん!と心の中で何十回も叫びました。そんな理解してくれない日々が2ヶ月ほど過ぎ、いよいよ安定期と言われる時期がやってきそこからは体調は安定し、少しばかり赤ちゃんの鼓動を感じられるようになってきました。

 

その頃から妊娠線予防のクリーム、ママ&キッズ ベビーミルキーローションを塗り始めました。でも旦那さんにはそのまだ小さな鼓動が感じられなかったので、その頃は全然お腹自体に興味を示してくれませんでした。

 

妊娠7ヶ月になった頃、病院に初めてついてきてくれました。 先生がここが足だよ。ここが手だよ。ここが顔だよ。ゆっくり旦那さんに説明してくれます。旦那さんは妊娠して初めてと思うぐらい目を輝かして動いているー!と感心し始めました。そしてその次の日病院で4Dエコーと言う最新器具で赤ちゃんの顔をはっきり見れるエコーの予約をしていたので誘ってみたら、俺もいくよ!と言ってくれたのです。なので2人で行くことになりました。

 

 

想像以上にエコーははっきりしていて、顔がしっかりリアルに見えました。旦那さんに似てるかな?お母さんに似てるのかな?とお話をしながら見てもらってたらあっとゆー間に検診が終わってしまいました。旦那さんは人が変わったかのように興味がふえ、女の子だからピアノ習わしたいねー!とか会話がふえました。

 

今までは正直実感がなかった。前の元嫁さんの時も仕事ばかりで病院さえもついていったことなかったみたいです。それは私の責任でもあったんだなと思いました。旦那さんが仕事している間、寝ている間にも赤ちゃんは私のお腹で動いて、毎日少しずつ育っているのです。それは私しかわからないことです。それなのに全て分かってほしいなんて、無茶だったんだなと思います。エコーなどで赤ちゃんの姿や鼓動を旦那さんに感じれる事ができたおかげで旦那さんにも父親となる気持ちが芽生えたんだなとおもいました。

 

そして臨月にはいり、楽天で買っていた授乳用のパジャマなど入院セットまとめ予定日まであと1週間とゆう日の夜の3時にお腹を下した痛さに襲われたのです。眠たさに負けて何度も寝るのですが、すぐ痛さに目を覚まします。

 

あれ?これもしかして、、、時間をはかります。
あれ?10分?え、、、、、、病院電話します。

 

初産なのでもう少し様子みてください。と言われます。一日かかるんだろう!と想像してたので余裕をこいてたら朝の8時で痛さがましたので時間をはかりました。え、、5分間隔、、そして急いで病院いきました。もう子宮口8センチ開いてるよー!分娩室いこうかーと先生が言いました。想像とは違ってスピード出産になりそうだったので痛さに耐えながらわくわくしてました。そして1時間後ストーンと産まれました。