経産婦 体験談

妊活は一朝一夕で結果が出るものではありません

結婚が30代半ばだったので、すぐに妊活を始めました。けれど、なかなか思ったように妊娠しませんでした。病院にもかかったけれど、これと言った原因も見つからず、医者には「まあ、まだ若いんだから」と流されるだけでした。

 

精神的に追い詰められて、ネットで色々情報を検索していました。マカのサプリも試したし、スイボスティーも飲んだし、風水にも頼りました。子授けで有名な神社にも通いました。けれど、2年経っても何の兆候もありませんでした。

 

これ以上ダラダラと自然妊娠を待つのは時間の無駄だと思い、都内の有名な不妊治療のクリニックに通い始め、高度不妊治療に挑むことにしました。すると、見事、2度目の採卵で妊娠することができ、その子は今すくすくと育っています。振り返って、妊娠できた原因は何だろうと考えると、やはり規則正しい生活を地道に送っていたことが大きかったのではないかと思います。

 

クリニックでは、子宮も卵巣も特に問題はないといわれました。しかし、卵管に関してはチェックする方法がなく、不明のままでしたし、体外受精で妊娠できたことを思えば、原因は卵管にあったのではないかと思います。けれど、子宮と卵巣が健康でなければ、高度治療をもってしても妊娠することはできません。これから妊娠を望まれるのであれば、子宮と、特に卵巣を健康に保つことを心掛けて生活されることをお勧めします。

 

 

私は不妊の時代からずっとルイボスティーを続けていますが、個人的にはこれが長いスパンをかけて妊娠に効果をもたらしてくれたように思います。結局、妊娠に効果的な事というのは一朝一夕に効果が出るものではなく、年単位で続けなければならないものと覚悟されていた方がいいと思います。

 

妊活、近頃良く聞く様になりました。

 

私も1年半前、妊活に励んでいた一人です。主人と結婚して1年が経った頃、「そろそろ子供が欲しいね」そんな話になりました。私たちは、行為をすればすぐに子供は出来る。そう思っていたのです。しかし、現実はそう甘くありませんでした。

 

人間は生き物の中でも妊娠しにくい動物なのだそうです。確率は30%くらいしかないと何かで読んだ事があります。そして、子作りを初めて大体の夫婦は半年以内に子供が出来ること多いのだそうで「半年か。結構長いんだな。」と気長に構えることにしました。

 

しかし、子作りを開始してから3ヶ月もすると段々と焦りが出始めました。
「あと3ヶ月しかない・・・」
それがストレスとなり、悪循環となっていきました。

 

毎月来る生理に、「またダメか…」と涙が出ることもありました。

 

そして、生活週間を改めて毎日20分のウォーキングを2セット行い、野菜中心の生活にしました。

 

腹巻をして身体を冷やさないようにもしました。基礎体温を計り、「ざくろが良い」となればざくろジュースを飲み、今か今かと妊娠するのを待っていました。

 

しかし、その時はいっこうに訪れませんでした。

 

子作りを開始してから、あっという間に半年が過ぎてしまいました。

 

「もう子供は諦めよう。まだ、その時じゃないんだ。」
そんな雰囲気が、私たち夫婦に漂いました。

 

その月は、排卵日も気にせず、数を増やせば良いのでは?と週に3回励んでいた子作りもやめて、のんびり過ごしました。そして、たった1度だけ行為をしました。

 

そして、奇跡は起きたのです。

 

私は、妊娠をしました。
無事、男の子を出産し、今はわんぱく坊やの母となりました。

 

今思えば、妊活中はいつもイライラしていました。「まだ出来ない。まだ出来ない。良いことは全部やっているはずなのに何で?」そんな気持ちでは、ストレスが貯まってしまいます。ストレスは、子作りの敵です。

 

赤ちゃんは親を選んで来るとよく言いますが、本当にそうなのかなと思ってしまいます。イライラしているお母さんは、私なら嫌です。

 

焦る気持ちがストレスとなり、赤ちゃんを遠ざけているのです。

 

一度、ゆったりした気持ちになると案外上手く行くのかもしれません。

 

「諦めたときに赤ちゃんは出来る」と良く言うでしょう。焦らず「いつか」を信じてみましょう。きっと天使は舞い降ります。

 

続きを読む≫ 2017/05/22 16:58:22

25歳頃から、毎月のように体調不良に襲われるようになりました。発熱や頭痛、腹痛など、風邪のような症状だったので、てっきり運動不足で抵抗力が下がり、風邪にかかりやすくなってしまったのだと思っていました。

 

しかし、26歳の時、これまでに体験したこともない激しい腹痛に襲われました。その日は37度ぐらいの微熱があったものの、仕事を休めずに出勤していた日でした。あまりの激痛に耐えきれず、トイレに駆け込みました。下痢症状にも似ていたからです。しかし、トイレに行ったものの、あまりの腹部の激痛に耐えられず、立っていることも、便器に座ることもできず、床に倒れ込んでしまいました。

 

しばらく倒れていたら少しだけ痛みが治まってきたので、すぐに仕事を早退し、その足で街のクリニックへと駆け込みました。医師には、発熱があること、激しい腹部の痛みがあることを伝えました。ここ数か月、毎月のように発熱などの体調不良が襲ってくることも伝えたところ、現在生理であるかを尋ねられました。ちょうど生理中であったので、そう答えました。すると、すぐに腹部のエコー検査がなされ、結果、卵巣に何か病巣があることを知らされました。

 

翌日、クリニックの紹介状を持って、総合病院の婦人科へ受診しました。そこでは内診により、病名が判明しました。子宮内膜症と卵巣チョコレート嚢腫であることを告げられました。不妊症にもつながる病気です。ただ、嚢腫の大きさがそれ程大きくなっていないことから、すぐには手術はせず、通院しながら様子をみていくことになりました。頓服薬としての痛み止めのロキソニンが処方されました。

 

特に治療をするわけでもなく、様子をみている段階なので、毎月の生理時の体調不良は改善されませんでした。2年程通院した後、徐々に嚢腫が大きくなってきたことで、ようやく摘出手術を受けました。腹腔鏡による手術だったので、術後の回復も早かったです。

 

手術してから現在で10年以上経ちますが、摘出した後は、毎月あった体調不良の症状はかなり改善されました。今は通院もしていません。ただ、どういった原因かはわかりませんが、月によっては頭痛や発熱がある時もあります。ですが、摘出前の症状よりは断然軽いので、助かっています。たまに痛み止めを飲む程度です。

 

男性不妊サプリ

続きを読む≫ 2016/09/08 20:20:08

 

子育て歴10年以上になりましたが、日々勉強です。確かに大変ではありますが、本当に楽しいです。

 

人間ですからたまには子供に対してもイライラしてしまったり、そんな自分が嫌になったりする事もありますが、それ以上に楽しい事の方が多いです。子供を通しての発見や出会いも沢山あります。上は男の子ですが、男の子ならではの遊びや好きな物、私は女ですから幼少期に経験した事ないような物を親になって初めて知ったり。工事現場になんて興味なかったし、戦隊ヒーローも観た事無かったですからね。でも息子のお陰で、鉄道に詳しくなり、戦隊ヒーローも覚え…色々勉強させてもらっている感じです。

 

下は女の子なので、私が小さい頃着ていた着物を娘に着せたり、一緒にぬいぐるみで遊んだり可愛いキャラクターのお店を見たり…実際に自分が幼少期に楽しんだ事をまた一緒に出来て、懐かしく楽しんでいます。

 

子供が居なければ行かなかったであろうお店や観光地。子育てを通して知り合った人達。子供達に感謝です。何より、子育てについて自分の親と話を出来るのが私にとって大切な時間になっています。困った時に、子育ての先輩である母親からアドバイスを貰ったり。時には叱られたり…。そして親も私の子育てを通しての楽しい話や面白かった事を聞かせると、とても喜んでくれます。

 

まだまだ子育ては続きますが、これからも楽しみながら頑張りたいと思います。そして、いつか私の子育て経験を子供達に伝えたいなと思っています。

続きを読む≫ 2016/09/01 10:41:01

 

妊活という言葉が一般的になってきましたが、私が妊娠した十二年前には聞いたこともない言葉でした。しかし私がしていたことは妊活でしょうし、そしてその期間は長かったと言えます。

 

私は初潮後からずっと生理不順だったため、結婚してすぐに産婦人科を受診しました。基礎体温を測り、血液検査もし、あらゆる検査の結果わかったことは無排卵による不妊症ということでした。ホルモンバランスが悪く、私の場合は生まれつきだと思われること、そのためまずは排卵させることからスタートすると医師から告げられました。

 

この排卵までが実に長かったのです。ホルモン剤の服用から注射まで色々やりました。数ヶ月ごとに区切って治療を見直しながら、排卵が成功するまでになんと五年もかかりました。卵巣が腫れて絶対安静になったこともあります。それでも排卵が成功したことでやっと次のステップであるタイミング法に行けたのです。これが難しければさらに次の治療をということでしたが、幸いに一回で妊娠できました。

 

その後はすぐに腹痛に襲われて切迫流産、薬を服用しながら安静の日々を過ごし、なんとか出産まで辿り着きました。この最初の妊娠と出産が奇跡的な偶然で果たされたことに気付いたのは、その三年後のことです。

 

 

出産から三年ほど経って、二人目を考えるようになりました。前回の経験があるため、今度は最初から確実に排卵できる治療がスタートし、二ヶ月で排卵成功、タイミング法をすることになりました。ここまではとてもスムーズで、そして運が良いのかわかりませんがその一回でまた妊娠できたのです。しかし、心拍を確認することなく稽留流産となりました。

 

その後は治療をやめ、子供は一人です。流産後に判明したことがあります。私の不妊症は卵子の質も悪いということ、それからホルモンバランスが決して妊娠には向いていなかったということです。最初の子の妊娠継続や、出産まで辿り着けたことは本当に奇跡だったのです。

 

今は奇跡が重なって生まれてきてくれた子供を、流産してしまった子供の分までかわいがって育てています。

 

続きを読む≫ 2016/08/19 13:50:19

2年半ほど前に母親になりました。

 

初めての育児、2年半育てるのにものすごく苦労はありましたが、病気にかかりにくい子だったようで、ただひたすら元気に騒がしく、そんな日々を過ごしてきました。が、しかし最近になりお友達と遊ぶ機会が増えたせいか、ちょくちょく熱、しかも高熱を出すようになってきました。

 

先々月は、アデノウイルス、そして今現在はヘルパンギーナ、流行にのりすぎだろう、と思えるくらい、病気が頻発するようになったのです。とはいっても別に子どもだけなら問題ないんです。看病するのは苦にはならないんです。かわいそうだな、と思って抱きしめる、それは全然問題ないんですが・・・

 

ビックリするほどに流行病にうつりやすいんです。母親である私が。

 

アデノウイルスの時はホント最悪でした。時間差でうつったようで・・・子どもが元気になってきた頃に私が熱のピークを迎え、しかも夫は当直で帰ってこない、という。あまりにいっぱいいっぱいだったからか、その時の記憶が抜け落ちてしまっているほどです。39度以上あったから、でしょうか、そんなに前のことでないのに全く思い出せません。

 

今回のヘルパンギーナは、そこまでひどくはうつりませんでしたが、喉は痛いし、頭痛はするし、で、やっぱりうつってしまっているような気がします。

 

手洗い、うがいはきちんとしているつもりなんですが。それでも全然防ぎきれなくて、本当、困ってしまいますね。

 

自分が子どもの頃、母親が看病してくれていたけれど・・・全然うつらなかったのにな、と。私も母親のように丈夫になりたい!と思い、運動したりたくさん食べたりしてるんですけど、まだまだ実りません。

 

子どものためにも自分自身のためにも、強い母親になりたいです。せめて看病してもうつらないくらいには・・・丈夫になりたいです。

続きを読む≫ 2016/07/30 12:04:30

これは私の妊活からの実話です。

 

私の旦那さんはバツイチで、息子がいたのです。なので、どうしても私は男の子ではなく女の子を希望してました。男の子なら息子と比べちゃうんぢゃないかなと思ったからです。

 

でも1人目を産み分けしたいとは、言えなくてネットで毎日のように検索し女の子が生まれる為にはどうしたらいいのか、何を食べたらいいのか、いつ営みをすればいいのかなど調べてました。でもネット上は賛否両論です。何が本当なのかもわからなかったのでとりあえず分かったことは、排卵日2日前、そしてパッと終わらす事だったので、旦那さんにはバレないように毎朝OMRONの基礎体温を測り排卵日を調べて排卵日二日前に営みました。そしてお腹が痛くなってきたから、ごめんね、早く終わりたいかも、、ってパッと終わらす事ができました。そしたらそれが的中し、見事妊活2ヶ月目ににて女の子を授かる事ができました。

 

悪阻が始まり、想像とはかけ離れた辛い毎日が始まりました。車酔いをしてる感じです。テレビをみていても、お買い物していても、寝ていても、ずっと車酔いしている感じです。旦那さんにはこの辛さは分からないみたいです。 だからしんどいだったら寝といたら?といいます。何言ってるの?寝てても治らんからしんどいねん!と心の中で何十回も叫びました。そんな理解してくれない日々が2ヶ月ほど過ぎ、いよいよ安定期と言われる時期がやってきそこからは体調は安定し、少しばかり赤ちゃんの鼓動を感じられるようになってきました。

 

その頃から妊娠線予防のクリーム、ママ&キッズ ベビーミルキーローションを塗り始めました。でも旦那さんにはそのまだ小さな鼓動が感じられなかったので、その頃は全然お腹自体に興味を示してくれませんでした。

 

妊娠7ヶ月になった頃、病院に初めてついてきてくれました。 先生がここが足だよ。ここが手だよ。ここが顔だよ。ゆっくり旦那さんに説明してくれます。旦那さんは妊娠して初めてと思うぐらい目を輝かして動いているー!と感心し始めました。そしてその次の日病院で4Dエコーと言う最新器具で赤ちゃんの顔をはっきり見れるエコーの予約をしていたので誘ってみたら、俺もいくよ!と言ってくれたのです。なので2人で行くことになりました。

 

 

想像以上にエコーははっきりしていて、顔がしっかりリアルに見えました。旦那さんに似てるかな?お母さんに似てるのかな?とお話をしながら見てもらってたらあっとゆー間に検診が終わってしまいました。旦那さんは人が変わったかのように興味がふえ、女の子だからピアノ習わしたいねー!とか会話がふえました。

 

今までは正直実感がなかった。前の元嫁さんの時も仕事ばかりで病院さえもついていったことなかったみたいです。それは私の責任でもあったんだなと思いました。旦那さんが仕事している間、寝ている間にも赤ちゃんは私のお腹で動いて、毎日少しずつ育っているのです。それは私しかわからないことです。それなのに全て分かってほしいなんて、無茶だったんだなと思います。エコーなどで赤ちゃんの姿や鼓動を旦那さんに感じれる事ができたおかげで旦那さんにも父親となる気持ちが芽生えたんだなとおもいました。

 

そして臨月にはいり、楽天で買っていた授乳用のパジャマなど入院セットまとめ予定日まであと1週間とゆう日の夜の3時にお腹を下した痛さに襲われたのです。眠たさに負けて何度も寝るのですが、すぐ痛さに目を覚まします。

 

あれ?これもしかして、、、時間をはかります。
あれ?10分?え、、、、、、病院電話します。

 

初産なのでもう少し様子みてください。と言われます。一日かかるんだろう!と想像してたので余裕をこいてたら朝の8時で痛さがましたので時間をはかりました。え、、5分間隔、、そして急いで病院いきました。もう子宮口8センチ開いてるよー!分娩室いこうかーと先生が言いました。想像とは違ってスピード出産になりそうだったので痛さに耐えながらわくわくしてました。そして1時間後ストーンと産まれました。

続きを読む≫ 2016/06/20 13:07:20

 

今この瞬間にも、妊活していて悩んでいる方が多いかと思いますが、私も同じ様に辛い妊活で悩みました。無事妊娠できて経過も順調で出産できましたが、そこに至るまでには大変な苦労と悩みがありました。

 

赤ちゃんを産むためにはまず授からなければいけませんが、ここが最初のハードルです。基本的には生理周期をまず整えて、パートナーと仲良くすることが大切なのですが、これが意外と難しいんです。生理周期自体は自分自身で何とかコントロールできますが、タイミングよくパートナーと仲良くするのが難しいんです。お互い仕事をしていますし、どちらか一方だけの都合で強要できることでは決してありませんので、お互いが疲れていなくて、ストレスフリーな状態の時に仲良くしなければいけません。

 

何度もスレ違いやタイミングのズレがありました。婦人科の先生にはタイミング療法を指導されましたが、なかなか上手いことタイミングが取れずに苦労しました。一回タイミングに失敗すると次はまた一ヶ月後になってしまい、その脱力感から些細なことでまた喧嘩をしてしまうという悪循環に何度もなりました。1年間に約12回しか授かるチャンスはありませんので、毎月毎月が勝負でした。

 

授かり易い体質になる様にいろいろなサプリメントも試しましたが、目立った効果は無く、毎月来る張りつめた緊迫感の中、次第に疲れてしまい、とうとう病院に行くことさえしなくなってしまいました。なかなか成果の出ない妊活に、パートナーと泣きながら自宅に帰ったこともありました。

 

そんな中私たちは、もう無理に妊活をしない様にしました。あまり難しく考えず、お互い仲良くしたい時に無理なく楽しんでするというスタイルに切り替えました。

 

すると、あっという間に妊娠できたんです。それから後はトントン拍子で事が進み、無事元気な赤ちゃんを出産できました。先の見えない辛い妊活に悩んでらっしゃる方も多いと思いますが、私の様に自然体で天に身を任せてみる方法も良いのかもしれません。

続きを読む≫ 2016/06/20 12:59:20